image

夜行バスを使って旅行をしよう

image

新幹線や飛行機を利用して旅行をするのも良いのですが、夜行バスで旅行をするのも良いものです。
昔はシートが狭く固く窮屈で眠れないイメージがありましたが、最近では、バス自体の種類も増えて快適さを追求したバスがほとんどです。
例えばシートのタイプも2列、3列、4列が選べ、前後の間隔広くしているのでリクライニングも周りに気を遣うことなくできます。
シート自体の幅も広く、足置きがあったり安眠できるようになっています。
カーテンで区切ることもできるので、周りの明かりも気にならないし、寝顔を見られることもないので安心して眠れます。
少人数のバスになるほど快適で高級感があり、シートがデラックスサイズで、リクライニングもほぼ全部倒せるくらい間隔があります。
全シートが個室で区切られているので完全個室状態でテレビやDVDを観れるモニターやコンセントや読書灯もあるのでひとりの時間を満喫することもできます。
夜行バスは他の交通機関よりかなり格安で旅行ができるし夜、出発で早朝に目的地につくので交通費と宿泊費のお金が浮いて、その分を買い物や食事、お土産にケチることなく回すことができるので、かなりお得です。
目的地に早朝着くことで、一日の観光範囲も広がって満喫できると思います。

夜行バスを利用するメリットは何?

image

国内旅行や帰省などに夜行バスを利用する人が増えています。
それは他の交通手段に比べて運賃が割安な事もさりながら、夜間に睡眠を取りながら移動し、翌朝早くから目的地で活動を開始できるというメリットがあるためです。
路線によって詳細は異なるものの、夜行バスは一般的に22時台や23時台に鐡道の主要ターミナル駅の周辺から出発し、いくつかのバス停で乗客をピックアップした後に高速道路に乗り、翌早朝に目的地に到着するスケジュールが組まれています。
出発時間が遅いので、平日でも仕事などを終えてその日のうちに出発する事もさほど難しくないでしょう。
また、長時間同じ姿勢で座席に座っているのはなかなか体力を使うものですが、夜間であればその間睡眠を取れば良いので、疲労回復のための時間として活用する事ができます。
更に、目的地には朝のうちに到着するので、その日はすぐに観光などの活動に移る事ができます。
これに対して飛行機を例に取ると、朝の早い時間の便を利用しても、搭乗時間や空港から目的地までの移動時間を考えると、実際の活動はお昼の前後からという事になります。
こうした事から夜行バスは効率の良い移動手段として注目を集めているのです。